関内のキャバクラでアルバイトすべき3つの理由

 

32aa0f5b024136af0536bc2d42420ad5_s横浜が誇る関東屈指の歓楽街、関内。

関内というのは、JR「関内駅」を中心に広がる福富町や相生町といったエリアをまとめて呼ぶ名称です。

明確な線引きがあるわけではないので、人によってその認識は異なります。

横浜DeNAベイスターズの本拠地、横浜スタジアムの最寄駅としても有名ですが、やはり関内と言ったらキャバクラ。

軒を連ねるキャバクラの軒数は歌舞伎町や銀座にも引けを取りません。

中には芸能人がお忍びで通う人気店もあり、重宝されています。

「昔に比べたら賑いがなくなった」

確かに全盛期に比べたら少し落ちたかもしれません。

ですが、今も関内は沢山の男女で賑わっております。

そんな関内は、キャバクラアルバイトのスポットとしても大変おすすめなんです。

「なぜ関内がキャバクラのアルバイトスポットとしてオススメなのか?」

今回は3つの理由から説明させて頂きます。

【PR】関内のキャバクラ求人一覧はこちら

客層の良さは全国でもトップクラス

関内キャバクラの3つのポイントまず一つ目は客層の良さです。

関内のキャバクラは、ラウンジに近いような落ち着いた高級感のあるお店がほとんどです。

なので、大衆店のような下品な遊び方をするお客さんはほとんどいません。

大衆店が多いエリアでキャバクラのアルバイト経験がある方は、極端だと

「セクハラに耐えるのが仕事」

がキャバクラの仕事だと認識している方もいるかもしれません。

ですが、関内のお客さんは大人で紳士的な方ばかり。

TPOをわきまえていて、遊びのわかっている大人な方ばかりです。

なので、「このお客さんが嫌だ」といった状態にはなりにくいでしょう。

また、客層の良さは接客のしやすさだけではありません。

キャバクラでアルバイトをしている訳なので、どれだけ優しいお客さんでも、お金を使ってくれなければ“良いお客さん”とは言えません。

その点も関内は問題ありません。

やはり前述の通り、関内のキャバクラは高級感あるラウンジ寄りのお店ばかりなので、遊ぶ金額も安くありません。

お客さんも“関内はそういう街”という認識のもと遊びに来るので、しっかりお金を使ってくれます。

一人あたりの単価が高ければ、沢山接客しなくてもキチンと稼げるので、効率よく給与を得る事が可能になります。

キャバクラ求人において、時給が給与の基本ではあるものの、沢山稼ぐために必要なのはバックです。

バックとは、時給とは別に歩合で付くお金のことです。

ドリンク1杯頼んでもらったらドリンクバック〇〇〇円、指名されたら指名バック〇〇〇円、同伴したら同伴バック〇〇〇円など、店舗にもよりますが複数のバックシステムが存在します。

大衆店だと中々ドリンクを頼んでくれなくて「ドリンク飲んでも良いですか?」と聞くと、嫌な顔をされて空気が悪くなることもしばしば…。

関内ではそういった心配もいりません。

やはり気前が良く、単価の高いお客さんが主なので、ドリンクもどんどん出してくれる方が多いです。

ただ出して当たり前な態度をとると、お客さんもわかってしますので、お願するときは気を付けて言いましょう。

顔バレのリスクも低め

関内キャバクラなら顔バレリスクもなしこれは、横浜及び川崎当たりが地元の方には当てはまりませんが、顔バレのリスクも低めです。

関内は大きな歓楽街で、店舗数も多く賑わっていますが、都内からわざわざ行くようなお客さんはあまりいません。

よっぽどお気に入りのキャバクラ嬢がいない限り、ほとんどが地元の方や周辺で働いている方になります。

顔バレのリスクを考えると、人の少ないエリアに行くことになり、そうなると主入面が減ってしまうというジレンマがあります。

もちろん関内は収入面での心配はいりません。

それでいて、都内から来るお客さんはほぼ居ないので、顔バレしたくない都民及び近隣県の方には関内がおすすめという訳です。

給与面以外にも手厚い待遇

関内キャバクラは待遇も充実関内のキャバクラは漠然として言い方ですが、全体的に“しっかり”しています。

それはキャストに対する待遇・福利厚生の部分に関しても言えます。

「送り」や「寮完備」なども大衆店と比べてキチンとしています。

というのも、関内のキャバクラは“お店の格”を凄く気にします。

なので、「送り」や「寮完備」などのキャストに対する待遇をしっかりやっていないと“お店の格”を下げる事に繋がるという感覚なのです。

例えば同じ「送り」でも、手配の手際の良さや快適さなどが、他エリアのキャバクラと比べると際立って良く出来ています。

どうせ働くなら気分よく働けた方が良いですよね?

ただ稼ぐだけじゃなく待遇面も重視したい方は是非関内で求人を探してみてください。

 - 横浜