失敗しない!体験入店で“自分に合った店”を見極める★

 

キャバクラに関わらずどんな業種でも、どのような職場で働くのかは非常に重要なポイントになります。

お店の雰囲気や勤務している女の子、客層などによって「働きやすさ」は大きく異なります。

また、お金を稼ぎに行っているわけですから、いくら居心地が良くても給料が低ければ「良い職場」とは言えません。

キャバ嬢のお仕事は、時給以外にも指名料やドリンクバックで変動します。

その為、スタッフさんがいくら良い人達でも、お客さんが来ずお店が暇であれば稼ぐ事はせきません。

【PR】新橋でキャバクラ求人をお探しの方はコチラ

頑張った分だけ稼げるのがキャバクラ!

女
新宿や六本木など、都内のキャバクラで働く女性の中には、月に100万円稼いでしまう子がたくさんいます。

キャバクラは、指名・ドリンクバックなどで頑張れば頑張った分だけ給料が増えるシステムです。

その為、やる気のある女の子は大金を稼ぐ事が可能です。

求人は、多くの求人雑誌やサイトで募集しています。

他にも新聞折込広告などでも求人を募集しているのでチェックしてみましょう。

体入で“自分に合うか?”をCHECK!!

女

働くお店が自分に合うかどうかは、体験入店をして見極めましょう。

もし自分に合わないと感じたら体験入店のみで退店し、他のお店を探すことも出来ます。

しっかり自分に合う環境でなければ長続きしないですし、人間関係でトラブルが起きるなどデメリットがたくさん有ります。

後でトラブルにならないよう、求人募集で記載されている時給・待遇などをしっかり確認しましょう。

雰囲気やお店内のローカルルールなどは実際に働いてみないとわからないので、体験入店で確かめましょう。

面接は明るく元気に

女s
キャバ嬢という仕事柄、堅いイメージの「面接」も寛容なイメージがあります。

スーツを着ていく必要はありませんし、最低限のことが守れていれば不採用になることはないでしょう。

しかし、お店側としては「お店を盛り上げてほしい」という思いで採用します。

「お喋りする仕事」ですので、面接担当者が不安にならないよう“明るく社交的”に振る舞いましょう。

自分に合った店を見極める

キャバクラに限った話ではありませんが、仕事に集中できない職場は良い職場とは言えません。

「店内の人間関係」「給与面」「仕事内容」満足している部分があったとしても、不満な点があればそれが気になって仕事に集中できず、最終的には辞めてしまいます。

せっかく体験入店というシステムのあるキャバクラですから、あとで後悔しない為にしっかりと「自分に合っているか」見極めましょう。

 - 新橋