ボーイの花形・付け回しについて

 

今回は、「付け回し」について触れたいと思います。

「付け回し」とはお客さんにどの女の子を付けるか考える役割です。

お客さんの好みを見抜き、満足していただけるように割り振らないといけないので非常に重要な役割だと言えます。

【PR】葛西でキャバクラをお探しの方はコチラ


付け回しは重要なポジション!

男

ちなみに、テレビ朝日のドラマ「黒服物語」の序盤、主人公が付け回しの業務で苦戦している模様が描かれていました。

そんな「付け回し」ですが、特に指名が重なっているときは非常に難しいです。

例えば指名が2本重なっているときは、ただ単純にどちらかに付ければ良いのではなく、さらにフリー客にも紹介するようにします。

フリー客に付けることで、女の子の指名が増えるようにするのです。

指名が増えれば増えるほどお店の売り上げは上がりますので、指名の取れる女の子こそ積極的にフリー客に付けるようにしていく事が重要になります。

また、フリー客には好みに合う女の子を付けることも重要です。

お客さんの好みの女の子を付けることが出来れば、指名やドリンク、延長に繋がりやすくなります。

そうなれば、大きな売り上げアップに貢献することができます。以上のことから、「付け回し」は重要なポジションと言われています。

付け回しは重要であるとともに難しい!

悩む男

ただし、これはそう簡単なことではありません。

お客さんの情報がほとんどない状況で判断しなければならず、最初は外見や仕草などでどのような女の子がタイプかを考えます。

また、フロントにどんなお客さんだったか確認することも怠ってはいけません。

お客さんが入店された時に、フロントは好きなタイプやどんな女の子と遊びたいかなどを聞いている可能性があります。

もし好きなタイプを聞けていれば、なるべくそのタイプの女の子を付けるようにしましょう。

それとは逆に、女の子に合うお客さんを選んで付けることもあります。

本来、女の子はどのお客さんに対しても同じ態度で接客するように努めなければならないのですが、得意なタイプのお客さんに付ける方が売り上げも上がりやすいですし、女の子のストレスにもなりにくいということが考えられるからです。

まとめ

盛り上がる

今回は付け回しについて書かせていただきました。

「付け回し」はキャバクラのボーイの仕事の中でも「花形」と呼ばれる役割とされています。

「花形」と呼ばれるからこそものすごく大変ですが、非常にやりがいのある魅力的な仕事と言えるでしょう。

もちろん「花形」である分、地位も高まりますし、収入面にも反映されます。女の子との信頼関係も生まれていくことと思います。

人間観察能力やセンスも問われる『付け回し』、ボーイをやるうえで目指していきたい仕事です。

 - 【Men's】キャバクラお仕事事情