接待でのキャバクラ代は経費で落とせるの??ややこしいルールを分り易く説明!

 

多くの企業が会合や接待でキャバクラやクラブを利用しています。

しかし、「領収書を切ることで、キャバクラ代を経費にすることが出来るのか?」と曖昧な方が多いようです。

この疑問に対しての回答は「法的問題はなく、可能」となります。

とは言え、「どこまでを経費として出してしまって良いのか?」分らない部分も多いと思います。

そこで今回は、「キャバクラ代と経費」についてご紹介致します。

【PR】錦・栄でキャバクラをお探しの方はコチラ

交際費という名目で領収書を切る

領収書
基本的に、税法上の要件を満たしている時には「キャバクラ代」を経費として計上することが出来ます。

特にその他の名目としては、交際費として領収書を切ることが出来ます。

「でもそれって、違法じゃないの?」と思われるかもしれませんが、大丈夫なんです。

交際費の上限は800万円になりますが、その内の50%を法律上“接待飲食費”として計上することが出来ます。

その為、交際費として提出してしまって全く問題ないのです。

どこまでが“接待交際費”になるの??

男
「接待交際費」の線引きはどこまでなのか?

これは非常に微妙なポイントとなります。

とりあえずの答えとしては「会社の業務が行われている」と判断されればOKです。

しかし、それもまた基準が微妙なものです。

直接仕事の話をしていなくても、「取引先の方と食事をして交友を深める」という名目ならば会社にとって有益な使い方となります。

キチンとしたルールはありませんが、あくまでも「会社のお金」です。

モラルを持って、常識の範囲内で使用するようにしましょう。

明細書をもらったら酔っ払っていても確認

指さし
様々な部分で“大まかなルール”が適用されている本件ですが、1点しっかりしなくてはいけないのが領収書です。

「領収書を元に、どう計上するか?」は融通が利きますが、領収書の記載に不備があると受け付けて貰えない場合があります。

特に抜けがちなのが日付です。

接待後だとお酒が入っていて忘れがちになっていしまうと思いますが、しっかりとチェックしておきましょう。

キャバクラで接待することのメリット

握手
「お客さんと大事な話をするのにキャバクラは…」と思う方もいるでしょう。

しかし、キャストの女の子が話の間を埋めてくれたりと、上手くいくケースが多いです。

何回も使用している店ともなれば、キャストに協力してもらう事も出来るでしょう。

しかし、あくまでも“接待”です。

フランクすぎる雰囲気で相手に失礼があったりしてはいけないので、下見はしっかりするようにしましょう。

大きい企業の場合は…

ビル
最終的には内容が同じだとしても、領収書の名目を「キャバクラ代」で落とせるのか?

大手の企業は、「クラブ」として計上することを好みます。

これはシンプルに「キャバクラだとあからさまだから」という理由です。

「クラブ」というワードは非常に便利で、キャバクラ以外にも使用することが出来ます。

この点に関しては、専門家か税理士に確認した方が良いでしょう。

“接待交際費”を利用して節税を行っている会社もありますので、キチンと確認することが重要です。

まとめ

ここまで話してきた内容は、あくまでも法律上はOKというものです。

モチロン会社によってルールは異なりますし、独自の判断基準を持っている場合もあるでしょう。

“接待交際費”を使用する際は上司に確認を取り、後々トラブルにならないようしっかり準備しましょう。

 - 【Men's】キャバクラ豆知識