【初心者必見】キャバクラによく置かれているお酒まとめ☆

 

キャバクラは夜の華やかな世界を演出するために、オシャレなドリンクを多く取り扱っています。

特に誕生日イベントなどの際には、シャンパンを欠かせません。

その他にも、場を盛り上げるテキーラやロマンチックなムードを演出するカクテルなど、雰囲気を変えることが出来るお酒も盛りだくさん。

でも、何となくのイメージがあってもブランド名などはわからない…。

そこで今回は、キャバクラでよく置いてあるお酒についてご紹介します。

【PR】葛西でキャバクラをお探しの方はコチラ

シャンパン・ドンペリニヨン

ドンペリ
ドンペリは夜の世界における“高級なお酒”の代名詞。

「ドンペリ」とは、ドン・ピエール・ペリニヨンから名付けられヴェネディクトの略名でシャンパンの『開発者』の名前です。

日本にかぎらず、世界的にも有名なシャンパンなのです。

モエ・エ・シャンドン社の提供しているドンペリはピンクやゴールド等の種類があり、それぞれ値段が異なります。

同じ種類でも、寝かせている年数や希少値などで金額は異なります。

例えば「ドンペリニヨン ヴィンテージ 白」は市場価値で¥12,000~¥24,000と、大きく差が開いています。

キャバ嬢に特に人気があるもので選ぶと「ドンペリニヨン ロゼ」。

ピンクのパッケージが可愛く、値段もそこそこするので喜ばれること間違いなしです。

ワイン・ブランデー・ピスコ(蒸留酒)

ワイン
オシャレな大人の雰囲気を出すなら、ワインやブランデー、ピスコ(蒸留酒)でしょう。

だいたいのキャバクラに置いてあり、種類も豊富。

ワインやブランデーに詳しく、「これは、こうなんだよ」と説明出来たらカッコイイですよね。

しかしキャバ嬢もお酒に詳しいので、知ったか振りををするとバレてしまいます。

無理な背伸びはしないように気を付けましょう。

モルトウイスキー

ウイスキー
特にウイスキーに対してこだわりが無ければ、フリードリンクの中に大体含まれています。

しかし、ウイスキーに対して普段からこだわりを持っている方にとっては物足りないでしょう。

ラウンジなど少し高級なお店に行けば、モルトウイスキーなどを沢山おいているので是非。

テキーラ

テキーラ
会話が弾まず、少し重たい空気でもテキーラがあれば一気に盛り上がります。

アルコール度数が高く、酔ってテンションが高くなることはモチロン「テキーラを飲む」という事自体がイベントとして盛り上がります。

ですが、ムリをして飲むのは危ないので気を付けましょう。

まとめ

ここまでお酒の話をしてきましたが、「おいしいお酒を飲む」という事が目的なのであればキャバクラを利用する必要はありません。

やはりキャバクラは「楽しく女性とお酒を飲む」というのが目的なので、そのことを忘れず、飲むお酒を選びましょう。

 - 【Men's】キャバクラ豆知識