【美女が集まる理由のある街】“関内”の魅力がわ“かんない”アナタへ♪

 

オシャレタウンの代名詞ともなっている憧れの街「横浜」。

日本の市町村の中で一番の総人口を誇り、人口集中地区人口も23区に次ぐ「日本を代表する大エリア」です。

デートの鉄板コースである「横浜赤レンガ倉庫」「横浜ランドマークタワー」、家族で楽しめる「横浜中華街」「横浜八景島シーパラダイス」などの観光名所も豊富。

Jリーグ『横浜・F・マリノス』の本境地である日産スタジアム(横浜国際競技場)は、2002年に日韓同時開催「2002 FIFAワールドカップ」の決勝が行われた地として世界的に知られています。

横浜駅から2駅移動した関内にはプロ野球チーム「横浜DeNAベイスターズ」の本拠地である「横浜スタジアム」があり、試合日には多くの人で大変賑わっています。

その関内ですが、実は歓楽街としても有名なんです。

横浜でキャバクラと言ったら、ほとんどがこの関内駅周辺。

今回は、そんな関内の魅力とキャバクラ事情についてご説明します。

ココだけの話ですが、関内には美女が集まるポイントがいくつかあるそうなんです。

【PR】関内でキャバクラをお探しの方はコチラ

そもそも関内って?

50086ca4708cd9cb356bc726694c88cb_s
「神奈川県庁本庁舎」や「横浜市役所」などもあることから横浜の中心と言えば関内という認識をしている方が多いです。

この「関内」という名称、横浜市民には馴染深いですが、他エリアの人達には聞き慣れないという方も少なくないでしょう。

実は地図で探しても横浜市に「関内」という地名は無いのです。

では「関内」とは一体何なのか?

横浜市の中区において、地元の横浜市民が“横浜港方面の海側の地域を『関内』”一方で“伊勢佐木町側を『関外』”と呼んでいました。

それが伝統的に定着し、駅名に採用されるようになったのです。

その為、地図上で「関内」と検索しても特定の住所を指すことはなく関内駅周辺部分が表示されるのです。

横浜の中心

f7426d7c92fe73d6eeb49983728ee5fa_s
関内でも特にキャバクラが多いのは「弁天通り」「相生町」「福富町」辺りです。

やはり先述の通り“浜っ子”にとっては『横浜の中心地は関内』という認識がありますから、自然と働く女の子も集まってきます。

時給の相場も都内と比べて遜色無いため、割と近場で働く子が多いのだとか。

つまり、オシャレタウンから集まってきた精鋭の“横浜美人”が接客してくれる確率が高いという事なんです。

ビジネス街の一面も

39198189e583587846c913ca7249c41a_s
関内は、「ベイスターズの本拠地」「横浜屈指の歓楽街」ともう1つ「ビジネス街」としての顔も持っています。

関内駅から更に海側へ行くと複数のビルが建っており、地元企業などがオフィスを構えています。

有名なところで言うと、青汁で有名な「株式会社ファンケル」やコンビニのスリーエフで知られる「富士シティオ株式会社」などがあります。

ご存知でしたか?求人を探している女の子にとって“ビジネス街”は魅力的なんです。

「お金を持っている人が多い」というのもそうですが、「飲み遊び慣れている大人なお客さんが多い」という印象が大きいのだとか。

客層が悪いお店だと、それだけで辞めたくなってしまいますからね。

こういった理由からも関内に美女が集まる可能性がグッと高くなりますね。

出かせぎスポットとしても人気

f6d5abd42c11b306001e4b2e4bb8202b_s
関内は出稼ぎのスポットとしても人気なんです。

「時給は都内と遜色なく、客層も良い。何よりオシャレ」となれば人気の理由も納得ですね。

これは個人の見解ですが、出かせぎに来るような女の子は大体美人です。

自分がお店で遊んだ経験からと言うのも有りますが、考えてみればわかるはず。

いくら地方よりも時給が高いからと言っても、移動の時間や費用を考えると下手したら赤字になってしまう事もあります。

つまりある程度の自信がないと出稼ぎは出来ないのです。

雇うキャバクラからしても「わざわざ遠方から来てもらった」訳で、言うならば“助っ人”のようなものですからね。

こうやってまた関内に美人が集まってくるのです。

 - 【Men's】キャバクラ豆知識